内科・外科

転職NAVI大阪編看護師求人を探す!


ここでは、もっともスタンダードな診療科目「内科・外科」について詳しくご紹介します。

「内科&外科」は看護師にとっても入り口的な存在!

基本的に一般人が体調を崩せば内科を受診しますし、怪我をすれば外科を受診します。もはや満場一致で病院の窓口的存在ともいえる内科・外科。

実は、新人看護師が最初に勤務する入り口としてもオススメなのです。

ちなみに、外来ではなく病棟勤務を選ぶ方が後々のキャリアを考えると有利。では、さっそくその理由を見ていきましょう。

内科&外科に勤務するメリット

【幅広い仕事に慣れることができる!】
特定の病気に限らず“とりあえず体調を崩しました”的な患者さんが片端から入院してくるので、とにかく仕事内容が幅広い!そのため、病院で看護師として働いていくための基本をすべて習得できる環境が整っているのです。
【後々に転職する際、つぶしが利く!】
診療所・個人クリニック程度の医療機関であれば眼科や耳鼻科だけの場合もありますが、病院と名がつく職場であれば間違いなく内科・外科を設置しています。
となれば、どこで働くとしても経験者として優先的に採用してもらいやすいのは自明ですよね?
また、内科・外科の病棟勤務では最も幅広い経験を積めますから、それだけで“ある程度以上は仕事ができる人”という扱いを受けられるのも大きなメリットになるでしょう。出産・育児を終えた後に再就職する可能性があることを踏まえれば、看護師にとって“転職しやすいこと”は重要ですよ!

内科&外科に勤務するデメリット

【冗談ではなく、死ぬほど忙しい…】
内科&外科は病人にとっての駆け込み寺ですから、とにかくひっきりなしに入院患者がやってくる環境といえます。単純に患者の数からいって、内科・外科に入院する患者と整形外科・産婦人科に入院する患者では、どちらが多いでしょう?考えるまでもありません。
数ある診療科目の中でも、これほどまでに多忙な場所は他にないでしょう。

内科&外科に勤務まとめ

まとめると“多様な経験を積める代わりに以上に忙しい”ということです。

ですが、内科・外科の病棟勤務を経験していると再就職の時にウケが良いのは周知の事実。若くて無理のきく時期に内科・外科で働いておくことをオススメ致します。若いうちに苦労を重ね、一定の年齢になってから“自分に向いた場所”を探したほうが良いでしょう。

看護師という資格に磨きをかけ、自分自信の価値を上げるためにはベストの選択といえます。